家電

ソーダストリーム レトロデザインの炭酸水メーカー「ART」を発売

ソーダストリーム・インターナショナルは、イスラエルに本社を置き、社名の「ソーダストリーム」が製品名の家庭用炭酸飽和装置の製造元として知られている企業です。

現在日本国内では、全国で6000店以上の取り扱い店舗があり、各オンラインショップでもソーダストリームの製品を買い求めることができるようになっています。

そしてこのたびソーダストリームでは、同社初となるレバータイプの炭酸水メーカー「ART(アート)」を8月4日より発売することになりました。

レバーを押し下げることで炭酸ガスを注入して炭酸水を楽しめる、ソーダストリーム初となるレバータイプの本製品には、メタル素材を使った90年代のレトロなデザインが採用されています。

なお、使用するにあたって電源は不要で、価格は20900円です。

レバーを1回下げると微炭酸、さらに2回加えると標準的な炭酸水、もう2回を加えると強炭酸が作れるようになっていて、飲む人の好みにより炭酸の強さを調節できるのが楽しそうですね。

私自身は、強い炭酸よりも微炭酸ぐらいが好きなので、もし手元にあったらとても重宝しそう。(最近は強炭酸の商品が多いので)

「ART」のCMキャラクターである上戸彩さんは、実際に本製品を使ってみて次のような感想を述べました。

「レバーが重いかなと思いましたが、指だけで押せるソフトな作りで、どんんな方でも押しやすいです。プッシュ式ともまた違う使い方ができます。プレゼントにもぴったり」

本製品には、ワンタッチでガスシリンダーを交換できる「シリンダークイックコネクト(CQC)」や簡単にボトルを着脱できる「スナップ・ロック機能」など、ソーダストリーム独自の技術を搭載。

ただし、ねじ込み式シリンダー(ブルーシリンダー)はARTには使用できないそうなので、ご注意を。

本体カラーはブラック、ホワイトの2色で、これにDWSボトル(キャップ付き)とガスシリンダー(60L)が付属します。

気になった方は、「ソーダストリーム」「製品情報」のサイトで詳細をご確認くださいね。

-家電

© 2022 人生楽しまないと