趣味

「G-SHOCK」ブランドカラー黒×赤の「IGNITE RED」シリーズ発売

「壊れない腕時計」として有名なカシオのG-SHOCK。

それもそのはずで、元々カシオ計算機の社員3人が、「落下強度10m」「10気圧防水」「電池寿命10年」をクリアすることを目指して開発を進めたそうなんですね。

目標をクリアしてG-SHOCKが初めて発売されたのは1983年のこと。

現在、その機能性と「絶対壊れない」という頑丈さから、世界中の特殊部隊隊員やパイロット、消防士たちに愛用されていると言いますから、いかにその実力がすごいかがわかります。

この機能性にファッション性が加われば、もはや怖いもの無し?

実際G-SHOCKには、熱心なファンが多いことでも知られていますし、何なら特別G-SHOCKファンだというわけではない私でさえ、G-SHOCKが大流行していた頃に、1本購入したということもありましたねぇ。

その時私が購入したのは、赤と黒のバイカラーがクールなタイプのものでしたが、今ではいろんなカラーがあるG-SHOCKのいわば「ブランドカラー」と言える「黒×赤」を組み合わせたデザインの「IGNITE RED」シリーズ4モデルが10月に発売されるそうです。

色にはそれぞれ人に与えるイメージがありますけれども、G-SHOCKの「黒と赤」では、黒は強さ、赤は情熱を表し、バイカラーデザインで沸き上がる炎をイメージ。

オールブラックを基本に、差し色の赤は明度と彩度を抑えたロートーンレッド、そしてインデックスはメタリック塗装で、時分針はアルマイト処理がなされ、液晶表示の色には赤を採用しています。

今回発売となる4タイプは、「GA-B2100BNR-1AJF」(23100円)、「GA-2200BNR-1AJF」(17600円)、「GA-100BNR-1AJF」(15950円)、「GAW-100BNR-1AJF」(28600円)。

気になった方は、「G-SHOCK」の公式サイトで詳細をご確認ください。

-趣味

© 2022 人生楽しまないと