家電

持ち運び可能な卓上自動販売機発

自動販売機といったら、それなりの大きさがありますから、まさかそれを手で持ち運ぶなんてこと、むりですよね?

そんな固定概念を吹き飛ばす超コンパクトな「卓上自動販売機」が、8月1日に発売されます。

発売元の「サンデン・リテールシステム」は、自販機事業のほか、物流、店舗システム事業、サービスメンテナンス事業など幅広く取り扱っている企業です。

その「サンデン」が今回発売するのは、本体サイズは50×53.5×72.3㎝(幅×奥行き×高さ)で、重量は37kgの自販機「卓っくん」。

この商品は、非冷(常温)で屋内専用の卓上自動販売機として作られました。

商品に合わせたスパイラル摘出技術に加え、取り出し口を大きくしたことにより、コンパクトながら多彩な商品を販売可能にしたそうです。

搬出仕様は、シングル搬出の場合で3段×3列の9セレクション。

販売できる商品サイズは、シングルコラムを使用した場合で最大9㎝、ダブルコラム使用で最大18.5㎝、トリプルコラム使用で最大22㎝(化粧品のセットや洗顔セット等)で、奥行きと高さは共通で、最大4×13.5㎝(奥行き×高さ)となります。

ホテルや病院、オフィスをはじめ、コンビニや鉄道、バス、アミューズメント施設など、小スペースでの有効な活用が見込まれ、持ち運びが気軽にできるのでイベントでの活用も期待できそうです。

電源は100Vで、同社の冷凍自動販売機「ど冷えもん」と同様で、設置してすぐに使用できる高い利便性を実現したとのことです。

気になった方は、「サンデン・リテールシステム」の公式サイトをぜひご覧ください。

-家電

© 2022 人生楽しまないと