グルメ

ファミリーマート「ごちむすび」をリニューアル発売

子供の頃、母が作ってくれるおむすびが好きでした。

今から思うと、中に入っていた具は、梅干しかおかかぐらいで、バリエーションはとても少なかったです。

それでも母が握ってくれたおむすびは、なぜか優しい味がして、多少具合が悪い時でもパクパク食べることができた、そんなことを思い出します。

さて、私たち日本人が大好きな「おむすび」、それをご馳走感のあるものにしよう、という意図で発売されたのがファミリーマートの「ごちむすび」シリーズでした。

コンビニで買う普通のおむすびと比べると、お値段は少々高くなりますが、それだけの値がある内容になっています。

その「ごちむすび」が明日9月13日にリニューアル発売されることになったそうです。

今回のリニューアルでは、お米と海苔を改良して、レギュラー商品の「大きな鮭はらみ」と「とろさば」の具材を改良、さらに新商品として「はらこめし」と「比内地鶏のあぶり焼き鳥めし」を発売します。

従来からのレギュラー商品である「大きな鮭はらみ」(210円)は、リニューアルにより味付けが醤油ダレから塩に変更され、旧商品に比べると塩辛さが弱まって、味付けがシンプルになったことで、より鮭自体の味を楽しみやすくなっているとのこと。

「とろさば」(185円)も、リニューアルで味付けが変更されていて、塩麹と清酒を和えた液体をハケ塗りして味付けし、鯖特有の臭みがあまり感じられないようになっているそうです。

「はらこめし」(248円)は、今回新登場となるメニュー。

東北地方の郷土料理である「はらこ飯」をモチーフとしたおむすびで、北海道産の秋鮭と醤油で味付けしたいくらが入っており、海苔で巻かれていないタイプです。

モチーフとなったはらこ飯同様、米は鮭と一緒に炊かれていて風味がついているため、最後まで鮭の味を楽しめる商品となっています。

そして「比内地鶏の炙り焼き鳥めし」(220円)は、日本三大地鶏の秋田県産比内地鶏を使ったおむすび。

具材は比内地鶏をタレに絡めて炙り焼きにした焼き鳥風で、電子レンジで温めても味わえる商品となっており、こちらも海苔が巻かれていないタイプです。

お米は比内地鶏エキスを配合したスープで炊き上げ、醤油で味付けしているので、こちらも米自体で鶏を味わえるのが特徴となっているそうです。

どれも本当に美味しそうで、食欲の秋にぜひ味わいたい商品揃いですね。

今回の新商品発売に合わせ、スマホ向けニュースアプリ「スマートニュース」で、ごちむすびが20円引きとなるクーポンが配信されるそうです。

期間は9月13日10時~19日23時59分。

また、9月13日10時~17日23時59分の5日間、ファミリーマートのTwitterアカウントにおいて、抽選でごちむすびの「とろさば」の無料クーポンがもらえるリツイートキャンペーンも実施されるそうですよ。

-グルメ

© 2022 人生楽しまないと