健康

お尻の枕「Keeps クッション」西川から発売

リモートで仕事をする機会が増え、座ったままでいる時間が長くなった~腰が疲れる~とお嘆きの方がたくさんいらっしゃると思います。

私も座り仕事が多く、そして慢性的な腰痛に悩まされている一人です。

出産後に坐骨神経痛が出るようになり、それ以降は定期的な運動や整体を受けることにより、なんとか悪化させることだけは阻止してきました。

が、最近はケアを受けてもなかなか腰痛が治らないことも出てきて、そういう時は座り姿勢からの立ち上がりでかなり苦労します。

おそらくそういった悩みを持つ人が多いからでしょうか、老舗寝具メーカー西川がMakuakeで発売していたお尻の枕「Keeps クッション」が、1000人近くのサポーターから総額1,000万円を超える応援購入を受け、9月14日から一般販売されるそうです。

この「Keeps クッション」は、西川が枕の開発で長年培ってきた圧力バランスの独自理論「点支持理論」を応用し、骨ポジションを安定させ、坐骨・仙骨・大腿部の3点で姿勢と圧力バランスを整える機能を備えた椅子用クッション。

クッションなしで座った場合、約85%の圧力が坐骨に集中するのに対し、Keeps クッションを使用した場合は、坐骨にかかる圧力が約30%まで減少するという実験結果がメーカーから発表されています。

「Keeps クッション」のサイズは、44×41×18cm(幅×奥行×高さ)。

腰部分が少し上がった船形形状のこのクッションには、仙骨を適度に押すことで骨盤を正しい角度にする「仙骨ポイント」、座骨がピッタリはまる「坐骨ポケット」、大腿部にかかる圧力を分散する「大体部スリット」が作られており、これにより骨盤の立った理想の座り姿勢を自然と保つことができ、長時間でも疲れにくくなるとのことです。

本体の素材には高弾力で体圧分散性に優れたウレタンが使用されています。

また、接触面の広い大腿部にエアーホール(通気孔)を配置して通気性を高め、長時間の着座でもムレにくくし、裏側には滑り止め生地を使用し、椅子からずれるストレスを軽減。

側生地には抗菌加工が施され、取り外し・洗濯が可能、そして高反発・高耐久なウレタンを使用することで耐久性の確保や底付き感が少ない座り心地を実現しています。

カラーはイエロー、グレー、ブラックの3色展開。

この商品に興味を持たれた方は、西川の公式サイトで詳細をご覧ください。

-健康

© 2022 人生楽しまないと