生活

ステンレス製なのにレンジで使える新素材の容器「Cuitisan(クイッティサン)」

通常電子レンジで使える調理器具は、「耐熱性」のものと考えますよね。

たとえばガラスとか、瀬戸物とか、あるいはパイレックスのように、それ専用に作られたものもあります。

が、絶対にNGだろうと思われるのは、そう、金属です。

間違って電子レンジに入れてしまうと、火花が飛ぶ!

昔はそんなことが(個人的には)何度かありました・・・。

でも現在では電子レンジに対応したステンレス調理器があるんだそうです。

今回紹介するのは、「Cuitisan(クイッティサン)という調理容器。

日本でこれを販売しているのは、「Aile-Ange(アーリエンジュ)」という、海外商品の輸入販売を手がける企業です。

「クイックティサン」は「CromoSteel」という素材を採用した調理容で、完全密閉で-40℃の耐凍性を備え、冷蔵冷凍保存に対応、電子レンジでもオーブンでも使用できるというひとつで何役もこなしてしまう優秀アイテム!

ヨーロッパでは2019年に販売開始され、2020年にはパリの有名デパート・ギャラリーラファイエットなどで取り扱われ、注目を集めているという本製品、従来のプラスティック製品にあった「食品の匂い移り」、「レンジでの変形、「洗ってもなかなか油汚れが落ちづらい」などの弱点を覆す画期的なものでした。

すぐれた機能性のほか、側面から底面にかけてラウンド形状になっていることで、同じサイズの容器でも省スペースでスタッキングも可能となっています。

本製品の新シリーズ「FLORA」の先行販売が、Makuakeで始まっており、様々な大きさ、容量の製品がある中、たとえば容量2800mlの「Handy No.2」は、一般販売予定価格7,100円のところ、Makuakeでは10%オフの6,480円で購入できるとのこと。

先行販売期間は2022年2月21日までとなっておりますので、気になった方は一度Makuakeの公式サイトをご覧ください。

-生活

© 2023 人生楽しまないと