芸能

加山雄三 コンサート活動を年内で引退へ

加山雄三といえば、1960年代の「理想の男性」だったと言っても過言ではないと思います。

育ちが良さそうなのに、ちょっとワイルドで、頭がよくて、それなのにスポーツ万能。

おまけに自分で作詞作曲して、演奏までしてしまう。

そりゃ、これだけ揃っていればモテないはずがありませんよね。

ビートルズ好きとしては、彼らが来日中に加山さんが4人と会って、一緒に音楽を聞いたとか、話をしたとかいう話が何度聞いても羨ましくてしょうがなかったですねぇ。

そんな加山さんですが、今年4月で85歳になられました。

見た目が大変若々しいので、85歳という年齢には驚きますけれど、ここ数年は所有されていた船が焼失したり、脳梗塞や誤嚥による脳出血など、さまざまな苦難に見舞われていました。

その都度奇跡的に復活を遂げられ、「やっぱり若大将すごい!」という声も多かったですね。

でも85歳という節目を迎え、加山さんは「「この先100%満足できるコンサートを(お客様に)提供できるのか」を、家族・スタッフを交えて協議されたそうです。

いろいろな思いが去来したことでしょうが、最終的に加山さんは「歌えなくなってから、ではなく、まだ歌えるうちにやめたい。最後までいつも通り歌う。それが一番」という結論を出し、コンサートという形で人前に立つ活動からは年内で引退することになりました。

このようなお知らせが流れると、「実は重病か?」などと憶測が飛び交うことがありますが、関係者によれば「今後も芸能活動は続行する意向。体調が悪化したわけではない」と重病説を否定しています。

ホールでのラストライブは、9月9日東京国際フォーラムで行われる「加山雄三ラストショー~永遠の若大将」、そして本当のラストライブとなる、豪華客船「飛鳥2」での船上ライブ(若大将クルーズ)は、12月に開催予定。

元気で年齢を感じさせない加山さんのラストショーを目の前で見たい!と思っている方、たくさんいらっしゃると思います。

そして、きっとチケット入手がかなり難しくなると思いますが、本当に見たい方、楽しみたい方にしっかりとチケットが行き渡ることを心から祈っています。

-芸能

© 2023 人生楽しまないと