家電

外出先からの施錠可能!工事不要で後付けできる「スマートロック」

外出してからしばらく歩いた後、「あれ?さっき玄関の鍵、かけたっけ?」と心配になること、ありませんか?

私はけっこうあります。

一応家を出る際は、鍵をかけてドアノブを何度か回すまでを1セットにしているのですが、日によってはその動作の時に考え事をしていることがあり、そんな時は鍵をかけたかどうかの記憶が曖昧になることがあるからです。

そうなるともう落ち着きません。

距離的になんとかなりそうな場合は一旦引き返して施錠の有無を確かめることもあるけれど、もうどうにもならないようなところまで来ていた場合は「きっとかけただろう、いやきっとそうだ!」と自分に言い聞かせ、その後用事が済むまでは、とても不安な気持ちで過ごすことになってしまいます・・・。

でもこれからはそういった心配をしなくて済むようになるかもしれません。

スマートロック「SwitchBot ロック」(SwitchBot/価格9980円)を使えば、鍵の遠隔操作が可能なんです!

「SwitchBot ロック」は、取り付けはワンタッチで取り外しも簡単な点が特長の、スマホで鍵の施解錠ができる製品。

3つのサムターンアダプターが付属しており、土台アダプターの調節が可能で、様々なタイプのドアに対応が可能で、賃貸物件のドアに取り付けすることもできます。

スマートフォンと接続するとアプリ操作だけで施解錠できますが、接続先はアプリ以外の、ウィジェット、Apple Watch、SwitchBot NFCタグ、スマートスピーカーによる音声操作でも施解錠可能、物理キーも使えます。

また、wicthBotシリーズ製品の司令塔である「SwicthBot ハブミニ」と併用することで、製品の拡張性がアップ、Amazon Alexa、Googleアシスタント、SiriやIFTTTなどの音声コマンドで、忙しくて手が離せない時も楽にドアを解錠できる他、前述したように遠隔操作ができるので、家族が鍵を忘れてしまった場合などに役立ってくれそうです。

指定時間内に自動で施錠するオートロック機能も搭載されているので、あらかじめ外出前に設定しておけば、「鍵のかけ忘れ疑惑」に悩まされることもなくなりますね。

本製品のサイズは、約7.32×5.9×11.16㎝(幅×奥行き×高さ)、重量は約253g、回転角度は360度、カラーはブラック1色です。

なお、ユーザーの個人情報は、銀行レベルの暗号アルゴリズム「AES-128-CTR」で保護されるそうなので、安心して使用ができそう。

気になった方は、「SwitchBot」の公式サイトをご覧になり、詳細をご確認ください。

-家電

© 2022 人生楽しまないと